予防診療

当院では、予防を最も重視し、なるべく歯を抜かない、削らない診療を行っています。

歯科衛生士がみなさまのお口の健康を守るために、定期的に歯のメンテナンス・クリーニングを行っています。

痛くなる前に、予防のために歯医者へ

昔は歯医者というと「痛くなってからやむなく行くところ」というイメージでした。しかし、歯をいったん削ると2度と元には戻りません。
症状は一旦治っても、歯を削ると歯の寿命は確実に短くなり、将来抜けてしまう可能性が高くなります。虫歯・歯周病を予防できれば、歯を削ることも痛い思いをすることもなく、医療費も少なくて済むのです。

当院では、予防を最も重視しており、虫歯・歯周病にならないためのお口のメンテナンス、クリーニングに力をいれています。

歯科衛生士による歯のクリーニング

当院では歯科衛生士による歯のクリーニングを個室で行なっています。

虫歯や歯周病の原因は、歯垢や歯石です。これらはバイオフィルム(歯の表面についた細菌の塊)となって歯に沈着しており、普段の歯磨きでは完全に除去することができません。
歯科医院で専用の機械を使い、歯科衛生士が丁寧に取り除いていきます。

虫歯・歯周病予防のために、将来も歯の健康を保つために、当院では1〜2ヶ月の間隔で(最低でも3ヶ月に1度)メンテナンスとして歯のクリーニングをおすすめしています。

歯のクリーニングのメリット

定期的に歯のクリーニングをして予防することは、
以下のようなメリットがあります。

・虫歯・歯周病を予防できる
・口臭を予防できる
・健康な歯のまま、美味しく食事ができる
・糖尿病を予防する
・心筋梗塞のリスクが減る
・早産のリスクが減る
・誤嚥性肺炎のリスクが減る
・医療費が少なくてすむ

1〜2ヶ月に1度は歯のクリーニングを

歯の先進国スウェーデンでは、歯科定期検診受診率が90%を超えるのに対し、日本では10%にも下回るのをご存知でしたか?

プレジデント社がシニア1000人にとったアンケートによると、
老後の後悔の第1位は「歯の定期検診を受ければよかった」でした。(PRESIDENT 2012.11.12号より)

総入れ歯になると、自分の歯の1/10の力でしか噛むことができず、思うように食事を楽しめなくなります。

総入れ歯にならず、長生きしても美味しく食事をとれるために、1〜2ヶ月に1度(最低3ヶ月に1度)は歯のクリーニングを受けましょう。

「ヤニとり」「歯石とり」といったクリーニングのみご希望の方もぜひお気軽にお越しください。

ふぁみりー歯科クリニック

歯科・小児歯科・口腔外科

【午前】   9:00〜13:00
【午後】  14:30〜18:30
*土曜日は17:30まで
休診日:水・日・祝日
和歌山県和歌山市西庄409−1
マツゲン西庄店内
073-454-2332